2013/12/24 火曜日

「H.O.M.E Habitant of melting ecstasy」単行本情報③

Filed under: ▼エンジェルコミックス最新刊紹介 — 編集部 @ 15:55:41

発売日から一週間経った山崎かずま先生の「H.O.M.E Habitant of melting ecstasy」。

皆様、お手に取っていただけましたでしょうか??(´∀`)

少し間が空いた単行本紹介ですが……

本日はクリスマス・イヴ♪♪(´∀`)

雨も夜更け過ぎに雪に変わるこんな素敵な日に!

貴方だけの「HOME」を見つけて下さいね!!

それでは単行本紹介、最終回スタート!!

トーコ!

ある日、クラスに転校してきたコージに一目惚れしたトーコ。

「ウチの青春、あんたに決めた!」と、コージに猛アタックする事を決意する。

何とか自分の家で一緒に遊ぶ約束を取り付け、当日トーコはコージと付き合うために様々なミッションを開始する。

20131210173115_00013.jpg

しかし、鈍感なコージにはまったく通用しない。

万策尽きたトーコは、せめて自分の気持ちだけ伝えようとその胸の内を明かす。

そんな等身大のトーコが魅力的だと、コージは付き合う事を了承する。

「そのままのウチでよかったんや…」と気付いたトーコは「そのままぶつけたれ!」と性欲を爆発させる。

20131210173115_00014.jpg

そのまま体力が尽きるまでセックスする二人。

関西弁の女の子ってカワイイ!!二人はボケと突っ込みで相性抜群だったのでした(´∀`)

少女フェイク

幼馴染の慎太と理恵。二人はお互いを意識したまま大人になるが、一線は超えない関係であった。

お互い彼氏、彼女を作らず、近すぎて遠い微妙な関係を続けている。

いつものように部屋で一緒に遊ぶ二人。

お互いの恋愛観について語り、今の関係が壊れるのが嫌だという結論になる。

しかし、理恵が「今日一日は嘘にしよう」と、慎太にキスをする。

20131210173115_00015.jpg

臆病な二人は「嘘」という逃げ道を作り肌を重ねる。

20131210173115_00016.jpg

気持ちいい事も身体のぬくもりも、何がウソでホントかわからなくなる慎太。

「全て溶けてしまえ――」と果ててしまう。

翌朝、学校で教室で顔を合わせた二人。

理恵は「こんばんは」と慎太に声をかけるのであった。

セックスが終わっても、日が変わっても、慎太にウソをつく理恵。

二人の関係はこれからどうなっていくのでしょうか??

よくわかりませんが、二人の顔は何だか吹っ切れた感じがします(´∀`)

is  this  love?

飲みの誘いを断る田島。「結婚してから冷たい」とい言われながらも会社を後にする。

そんな田島の帰りを迎える百合子。

20131210173115_00017.jpg

職場での愚痴をこぼす百合子だが、田島の目線は百合子の胸元に。

そんな田島の目線に気付いた百合子は、「向こうへ行こう」と寝室に足を運ぶ。

20131210173115_000181.jpg

お互いをイかせ合い、事に励む二人。

夜も更け、田島は身支度を始める。

玄関先で「じゃあ、また。奥さんによろしく」と田島を見送る百合子。

家族に電話しながら家に帰る田島。

百合子は「お兄ちゃん あいしてるよ」と独りつぶやくのだった。

愛人と見せかけて、実は妹だった…。最後に明らかになる二人の関係。

田島にとっての「HOME」は、どちらなのだろうか…(´∀`)

以上9作品に加えて、描き下ろし作品も収録!!

もう全部読んだよーって方もいらっしゃるでしょう!!

しかーし、読み返すとヒロインが違った印象に見えるかも??(´∀`)

是非是非もういちど本を開いて、彼女たちに会って下さいね!

以上、単行本紹介でした♪♪(´∀`)

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.742 sec. Copyright (C) 2019 エンジェル倶楽部 All Rights Reserved.

ページの上へ