2014/12/11 木曜日

『敗北の女王 屈辱のアクメ晒し/bowalia』単行本紹介②

Filed under: ▼エンジェルコミックス最新刊紹介 — 編集部 @ 19:20:00

発売日が来週の17日(水)に迫った「敗北の女王 屈辱のアクメ晒し」  by bowalia先生!!

前回に引き続き、各エピソードの見どころを画像多めで紹介していきます♪♪(´∀`)

それではさっそくスタート!!

------------------------------------

「暗闇倉庫トラップ」

4-1.jpg

とある引っ越し業者でアルバイトしているとき子。

その体力と筋力は男性従業員よりも際立ち、さらには明るい性格で客からの評判も上々だった。

「こんなのも運べないなんて 男なのに」

「この中でいっちばん力ありますかんね!」

しかし、その男を見下した言動の数々に恨みを持つ従業員は少なくなく…

4-2.jpg

ある日の晩、会社から突然のヘルプの電話があり、倉庫に向かうとき子。

そこには男達が待ち構えていた。

「私は恋人いますから 告白とかならもっと別な…」

馬鹿にしたような口調で告げるとき子。

そんな彼女に、男達は襲い掛かる。

4-3.jpg

筋肉・体力に自信はあっても、数名の暴力には成す術もなく…。

前も後ろの穴も犯され泣きながら謝罪するとき子だが、容赦なく犯され続ける。

全ての事が終わり、呆然とするとき子だが、その姿さえも撮影されていた…。

調子に乗った雌は、男に成敗される運命なのだ(´∀`)

------------------------------------

「局部戦線異状あり」

5-11.jpg

某国――。敵地に侵入し、情報を集める任務に失敗した女兵士。

敵国の兵士に捕えられ、自白剤を注射される。

「部隊の規模!作戦の目的!司令官の名前も喋れ!」

そんな状況の中だが、一瞬の隙を突き逃走する女兵士だが…

5-2.jpg

しかし、ここは敵地のど真ん中。逃走は失敗してしまう。

スタンガンで身体に電流を流され、さらには自白剤の影響で意識も朦朧とし…

「自白剤のせいでしばらく口は開けないだろ。その間にヤラしてもらおうか」

戦地で猛る男達に、女兵士の身体は絶好の性欲処理道具だった。

5-3.jpg

「ちょっとは乱暴にいかないと… なぁ?」

その身体に電流を流されながら、肉棒で突かれ続ける女兵士。

いつしかその顔は、兵士ではなく一人の雌の顔となっていた…(´∀`)

------------------------------------

「密壷に迫る罠」

6-1.jpg

「先生 おつかれさまでした。」

そう言いながら、女医の身体を舐める様に見つめる一人の警備員。

しかしそんな男に、ある日主任から異動の命令が下る。

「仕事に私情を持ち込んでない?困るんだよねえ、いやらしい目で見るとかそういうの」

(あの女医が言い付けたんだ!!!)

男は復讐の決心をする…

6-2.jpg

深夜での当直勤務。女医は愚痴をこぼしながらも仕事をこなす。

その後ろから声をかける男。

「俺の事を主任にチクったのは…あんただな?」

逃げ出す女医を押し倒し、肉棒で犯し始める男。

「自分から腰振ってました?今。 ちゃんと懇願してくださいよ」

女医の身体の性感帯を責め立てながら、男は告げる。

6-3.jpg

医者である事にストレスが溜まっていたその身体を、男にイカされる女医。

「これで気持ちよく新しいとこに行けそうです ありがとうございました」

後日――

「今日もお疲れ様です。」

怯えるナースの身体を見つめながら、男は新しいターゲットに狙いを定める…(´∀`)

------------------------------------

「恥辱は蜜の味」

7-1.jpg

ミノリはとある富豪の息子・ケイのボディーガード。

送迎から身の回りの雑務まで任されているミノリだが、そこには職務を越えた感情があった。

そんなミノリを快く思わないケイの義母。

度々ミノリの業務に難癖を付けるが、当の彼女からは相手にされていなかった。

7-2.jpg

そんなある日、義母の部屋に呼び出されるミノリ。

「捕まえて 眠らせてひんむいて」

義母は他のボディーガードやメイド達に命令する。

頭や腹を殴られ、さらに服を脱がされ縛り付けられるミノリ。

「これ以上の事は社会的に許されませんよ!」

強がるミノリだが…

7-3.jpg

ボディーガードと言っても所詮は女性。男達の腕力には適わない。

容赦なく責め立てられ、果ててしまったミノリ。

「ワタシが社会的とかどうとか アナタこそそんな姿…どうなのかしらねえ」

義母の笑い声がこだまする中、身体に男達の小便を受けるミノリだった…(´∀`)

------------------------------------

以上、今回は4作品のご紹介でした!

女医に女兵士などなど…強い女性が容赦なく折檻される内容。

「敗北の女王 屈辱のアクメ晒し」そのタイトルに相応しいエピソードが続いております♪♪(´∀`)

次回の単行本紹介はbowalia先生のプチインタビューも交えた内容でお送りですよ!

お楽しみに♪♪(´∀`)

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.501 sec. Copyright (C) 2024 エンジェル倶楽部 All Rights Reserved.

ページの上へ