2015/9/16 水曜日

「少女惨華/藤味」単行本紹介②

Filed under: ▼エンジェルコミックス最新刊紹介 — 編集部 @ 16:36:33

皆様、こんばんはおっぱ~い♪♪(´∀`)

 

9月中旬!元気にシコってるかい??

 

いよいよ発売日の迫ったエンジェルコミックス新刊’s!

ヌきの準備は完了していますか??

三者三様、十人十色、みんな違ってみんな良い!

今回は「少女惨華/藤味」単行本紹介②!

単行本紹介①はコチラ

 

121212

ちなみに「少女惨華/藤味」、アキバブログ様にてご紹介いただきました!

以下のリンクから見てみてね!

藤味 / 少女惨華 「愛と狂気の1stコミックス。獣欲の闇に呑まれゆく少女たち」

わーいわーい♪♪(´∀`)

それじゃ、エンジェル編集部の方でもがんばって紹介していくよん!

 

——————————————————————————

 

「壊れた鳥籠」

 

男に無理矢理犯され、絶望のまま無表情な少女。

そんな無反応な少女の身体に、男は苛々をつのらせる。

 

20150911184000_00001

 

「これじゃあダッチワイフと変わんねーじゃねーかよ」

男はより過激に、野蛮に少女を穢しはじめる。

 

20150911184000_00002

 

首を絞め、強引に子宮を突く男。

「クビ絞められて悦んでんのか!?はははは!」

苦しさから涙が浮かんだ瞳の視線の先には……。

 

20150911184000_00003

 

場面は変わって――。

飲み会の帰り、ほろ酔い気分で家路につく男。

帰り道の公園で、制服を着た少女をミカエル。

「家出?」

「家出と言えば家出なんだけど…お兄さん家に泊めてもらえると嬉しーなーとか…」

 

20150911184000_00004

 

家に連れ帰った少女が、お礼と称して身体を差し出してくる。

「そんなに無理しなくても…」

「いいの。これはお礼なん…だからっ」

男に突かれ、感じ始めるお互いの身体…瞬間、記憶がフラッシュバックする。

「嘘っ そんなはず…」

一度穢れた身体は、もう二度と元に戻らない――

 

——————————————————————————

 

「奪われた純愛」

 

「センセ…動い…てください」

「じゃあ動くぞ?」

 

20150911184000_00005

 

破瓜の痛みで涙を浮かべるも、大好きな彼氏をと繋がれた幸せに満足げな少女。

「ごめんな、痛かっただろ?」

「大丈…夫。先生は…気持よかったですか?」

 

20150911184000_00006

 

全てが終わり、いつものように帰り際に玄関先でキスをする二人。

んな二人を見つめる一人の男の姿が――

「あれって真田先生と…ウチのクラスの芳野だったかな。写メっちまったけど…これは…」

 

20150911184000_00007

 

(瀬上君か…あんまり話した事ないけど…何の用だろ?)

西棟校舎、誰もいない教室に呼び出され、不安げな少女。

「話な…もう分かってんだろ?真田と付き合ってんのバレたんじゃないかってさ?」

「お願い…誰にも言わないで…何でもするから…」

 

20150911184000_00008

 

「なら好きにさせてもらおうかな」

「どーせ真田とも生でヤってんだろ?」

心とは裏腹に、無慈悲な衝撃に子宮が感じ始める少女の身体。

事が終わり、満足げな男と放心状態の少女。

その膣からは白濁液が溢れ出る……。

 

——————————————————————————

 

「処女輪姦 ~カラオケパーティー~」

 

「ふふふ…今日は先輩との初デートなのです!」

「急に呼び出されたと思ったら…キャーー☆」

憧れの先輩に呼び出され、有頂天で部屋に入る少女だが…。

 

20150911184000_00009

 

「んじゃー始めますか!初めに犯る奴は三万。その後は1回五千円ってことで」

「あ…あのっ、先輩それって…」

「ああ気づいたか?お前の処女の話!」

「嫌ですっ なんでっ… だって…先輩私の事…」

「いーから早く犯っちまえー」

 

20150911184000_00010

 

「ひぎいいっ!いぎっ!!」

「あー…この悲鳴がたまんねーんだよな」

大好きな先輩に裏切られ、見知らぬ男で処女を散らす少女。

「んじゃ、次俺なー。さーてどこが敏感かなー」

指で押し拡げられた少女の膣内。痛みとは違う感覚に少女は痙攣し始める。

 

20150911184000_00011

 

強引にイかされてしまう少女の身体。

(あっ…もう…訳わかんなっ…)

「空いてる口くらい遣っていいだろ?」

「ひぇんぱっ…せんぱひっ…」

 

20150911184000_00012

 

「んじゃー次は俺が下の穴、遣わせてもらおうかな」

「んじゃ最後に写真撮っとけー」

代わる代わるに犯され、穴という穴を穢されてしまった少女。

放心状態で大好きな先輩の名を呼ぶが、男達部は屋から出ていってしまう…。

 

——————————————————————————

 

乱れ散らされまくる儚げな少女達!

「少女惨華」のタイトルに恥じぬ一貫っぷり!

咲き掛けの蕾を根本から引っこ抜くこの感覚!男の人なら一度は快感を覚えるのではないでしょうか??

 

藤味先生渾身の初単行本「少女惨華」!!

いよいよ明日(17日)発売です!!

ちなみにamazonのリンクはコチラ

 

どうぞよろしくお願いします♪♪(´∀`)

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

HTML convert time: 0.533 sec. Copyright (C) 2022 エンジェル倶楽部 All Rights Reserved.

ページの上へ